ホーム / 修理 / Nexus 5Xのブートローダーをアンロックする方法

Nexus 5Xのブートローダーをアンロックする方法

このページではNexus 5Xのブートローダーをアンロックする方法を紹介します。

ブートローダーをアンロックすると、Googleが公式に配布しているOS(Factory Image)を自由にインストール出来るようになります。これは各OSの動作を確認する時や、万が一Nexus 5Xが起動しなくなった(文鎮化)時に、Nexus 5Xを使えるようにする時に使えます。

 

注意事項

ブートローダーをアンロックするとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまう可能性もあります。

ここに書いてある記事は、ある程度知識を持っている方向けに書いてあるので、すべて自己責任でお願いします。

 

事前準備

バックアップ

ブートローダーをアンロックする過程で、端末のデータが初期化されてしまいます。

消えてほしくないデータは、PCなどにバックアップをとりましょう。

fastbootコマンドが使える環境をPCに用意する

ブートローダーをアンロックするにはfastbootというコマンドをPCから実行する必要があります。fastbootのコマンドはAndroid SDKのplatform-toolsフォルダが導入されている必要があります。

環境がWindowsかMacかによって導入方法が異なります。

※fastbootの導入方法に関しては今回は割愛させてもらいます。fastbootの導入方法はADBやFastbootをPCで使えるようにする方法を参考にしてください

OEMロックを解除する

設定->開発者向けオプション->OEMロック解除をONにする。

※開発者向けオプションが表示されない方

端末情報->ビルド番号を複数回連続タップすると、開発者向けオプションが表示されます。

ブートローダーをアンロックする

ここではブートローダーをアンロックする手順を紹介します。

ブートローダー画面を起動

電源を切った状態で、電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時押しし、ブートローダー画面を起動します。

この時点では「DEVICE STATE locked」となっています。

fastbootコマンドでブートローダーをアンロックする

※fastbootにパスがPathが通っている前提で話を進めます。

※Pathの通し方はWindowsとMacで異なるので、別途記事にて記載します。

fastboot oem unlock

コマンドプロンプトで上のコマンドを実行します。

ブートローダーアンロックを許可する

ブートローダー許可画面

ブートローダーアンロックするかどうかを聞いてきます。

ボリュームアップボタンを押して「Yes」を選択。

その後、電源ボタンを押下します。

※この作業を行なうと、端末のデータが初期化されますので注意してください。

DEVICE STATE unlocked」になりました。これでブートローダーのアンロックが完了しました。

暫くすると、ファクトリーリセットが始まります。ここで端末のデータが全て工場出荷時の状態に戻ります。

ファクトリーリセットが終わると、端末が再起動されます。

Nexus 5Xのブートローダーアンロック手順は以上です。

著者について: